グローバル人事改革 ~5つの巨大企業はどのようにデジタル時代に対応したか~

Workday

概要

人財管理に関する課題は、ヒューレット・パッカード、日立製作所、Sanofi、フレクトロニクス、Abbottといった、よく知られた巨大グローバル企業においても例外ではありませんでした。度重なるM&Aによってますます複雑になるシステム環境は、非効率な業務を生むだけでなく、自社のワークフォースをグローバルで把握し、最適な人財配置を行うのを困難にします。M&Aだけでなく、分社化や企業文化の改革などを行う場合にも、戦略的な意思決定をタイムリーに行えるよう、財務・組織・人財に関する正確な情報を集める必要があります。

それでは、これら5社は、人財管理においてどのような課題をもち、一体どのような方法で困難な状況を改善したのでしょうか。詳しくは、資料をぜひご覧ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

ワークデイ株式会社に情報が提供されること、

概要

人財管理に関する課題は、ヒューレット・パッカード、日立製作所、Sanofi、フレクトロニクス、Abbottといった、よく知られた巨大グローバル企業においても例外ではありませんでした。度重なるM&Aによってますます複雑になるシステム環境は、非効率な業務を生むだけでなく、自社のワークフォースをグローバルで把握し、最適な人財配置を行うのを困難にします。M&Aだけでなく、分社化や企業文化の改革などを行う場合にも、戦略的な意思決定をタイムリーに行えるよう、財務・組織・人財に関する正確な情報を集める必要があります。

それでは、これら5社は、人財管理においてどのような課題をもち、一体どのような方法で困難な状況を改善したのでしょうか。詳しくは、資料をぜひご覧ください。

ブックマークしました