「攻めの人事部」を実現する給与計算システムの選び方

SAP SuccessFactors

概要

「働き方改革」への対応も課題となるなか、人事・労務などの業務を担ってきた企業の人事部もまた変革を迫られています。給与計算や勤怠管理といった社内の管理業務に加え、採用や育成など人事戦略の強化も求められており、人事部にかかる業務負担はこれまで以上に大きくなっています。

人材不足でも増員が望めない状況で、これらの業務を処理していくためには、ひとつ一つの業務を効率化していかなければなりません。特にシステムの導入による業務のスピードアップは不可欠と言えるでしょう。そこで本資料では、管理業務のなかでも特に担当者の負担が大きい給与計算について、システムを導入する際のポイントを解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

SAPジャパン株式会社に情報が提供されること、

概要

「働き方改革」への対応も課題となるなか、人事・労務などの業務を担ってきた企業の人事部もまた変革を迫られています。給与計算や勤怠管理といった社内の管理業務に加え、採用や育成など人事戦略の強化も求められており、人事部にかかる業務負担はこれまで以上に大きくなっています。

人材不足でも増員が望めない状況で、これらの業務を処理していくためには、ひとつ一つの業務を効率化していかなければなりません。特にシステムの導入による業務のスピードアップは不可欠と言えるでしょう。そこで本資料では、管理業務のなかでも特に担当者の負担が大きい給与計算について、システムを導入する際のポイントを解説します。

ブックマークしました