データと事例から学ぶ「地方学生の採用戦略」

キミスカ

概要

ここ数年続いている、1.8倍前後の新卒有効求⼈倍率。量的・質的担保のためにはより広範囲のエリアから学⽣を集めていきたいところです。

加えて、定員割れが増えている地⽅⼤の”企業努⼒”により、⼈格育成、専⾨性強化など、 ヒューマンスキル⾯、実務⾯においても「新興の有⼒校」が増えていきています。

今回はそんな地方大学生に目を向け、実際に人気企業が行っている取り組みを事例として紹介し、ダイレクトリクルーティングサービス「キミスカ」を使って自社で実現するためのポイントについて解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社グローアップに情報が提供されること、

概要

ここ数年続いている、1.8倍前後の新卒有効求⼈倍率。量的・質的担保のためにはより広範囲のエリアから学⽣を集めていきたいところです。

加えて、定員割れが増えている地⽅⼤の”企業努⼒”により、⼈格育成、専⾨性強化など、 ヒューマンスキル⾯、実務⾯においても「新興の有⼒校」が増えていきています。

今回はそんな地方大学生に目を向け、実際に人気企業が行っている取り組みを事例として紹介し、ダイレクトリクルーティングサービス「キミスカ」を使って自社で実現するためのポイントについて解説します。

ブックマークしました