Thumbnails

なかなか減らない経理部の残業、どう対応する?請求書の電子化から始める働き方改革

BtoBプラットフォーム 請求書

概要

すでに大企業では適用されている「罰則付きの残業規制」が、いよいよ4月から中小企業でも始まります。1人でも残業規制を超えて働けば、刑事罰の対象となるため、全社で残業時間の削減に取り組む必要があります。働き方改革への対応として、IT化を進めている経営者様も多いのではないでしょうか。

その一方で、なかなか減らない経理部門での残業。理由としてあげられるのが、「請求書の発行・受取に時間がかかる」ことです。請求書はいまだ紙に依存する企業が多く、一般的に1通の請求書を受取る業務を試算すると、約45分かかるとも言われています。そこで本資料では、請求書業務を電子データ化し、残業時間の削減を実現する方法について解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

すでに大企業では適用されている「罰則付きの残業規制」が、いよいよ4月から中小企業でも始まります。1人でも残業規制を超えて働けば、刑事罰の対象となるため、全社で残業時間の削減に取り組む必要があります。働き方改革への対応として、IT化を進めている経営者様も多いのではないでしょうか。

その一方で、なかなか減らない経理部門での残業。理由としてあげられるのが、「請求書の発行・受取に時間がかかる」ことです。請求書はいまだ紙に依存する企業が多く、一般的に1通の請求書を受取る業務を試算すると、約45分かかるとも言われています。そこで本資料では、請求書業務を電子データ化し、残業時間の削減を実現する方法について解説します。

ブックマークしました