1次面接は「会わない」ほうがいい?“動画選考”のメリットと始め方

playse web面接

概要

1次面接で応募者と直接会わないほうが良い理由は、第一に、選考スピードを早めることができるからです。1次面接では、多くの応募者を選考する必要があります。応募者に直接会うと、面接日程の調整時間と面接の時間を含め、どうしても時間かかりすぎてします。その結果、全体の歩留まり率や内定承諾率の悪化につながりかねません。

そこで活用すべきが“動画選考”なのです。動画選考であれば、大量の応募者を効率よくスクリーニングでき、なおかつ直接会う場合の課題を解決することできます。本資料では、動画選考のメリットや活用ケースについて解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社manebiに情報が提供されます

概要

1次面接で応募者と直接会わないほうが良い理由は、第一に、選考スピードを早めることができるからです。1次面接では、多くの応募者を選考する必要があります。応募者に直接会うと、面接日程の調整時間と面接の時間を含め、どうしても時間かかりすぎてします。その結果、全体の歩留まり率や内定承諾率の悪化につながりかねません。

そこで活用すべきが“動画選考”なのです。動画選考であれば、大量の応募者を効率よくスクリーニングでき、なおかつ直接会う場合の課題を解決することできます。本資料では、動画選考のメリットや活用ケースについて解説します。

ブックマークしました