ビジネス特化型オンライン英会話で、何が変わったのか 課題解決事例集

Bizmates

概要

企業の海外進出に伴い、今や現場レベルの社員も海外の支社とのやり取りで英語を使わざるを得ない状況になっています。このような状況下、社員の英語力不足に課題を感じていませんか?

現場で活躍できる英語力を持った従業員の育成には、英語の習得に最低1000時間の学習が必要で、毎日学習したとしても数年はかかります。よくある一時的な研修で良い成績を収めたとしても、本質的な実力はついていないのです。大切なのは「従業員が生活の中で英語に触れる習慣を作り、研修が終わっても自ら学ぶ意欲を育てること」です。

そこで本資料では、ビジネス英語研修「Bizmates」を導入し、学習を習慣化させることに成功した三菱UFJなど大手含む22社の事例を公開いたします。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

ビズメイツ株式会社に情報が提供されること、

概要

企業の海外進出に伴い、今や現場レベルの社員も海外の支社とのやり取りで英語を使わざるを得ない状況になっています。このような状況下、社員の英語力不足に課題を感じていませんか?

現場で活躍できる英語力を持った従業員の育成には、英語の習得に最低1000時間の学習が必要で、毎日学習したとしても数年はかかります。よくある一時的な研修で良い成績を収めたとしても、本質的な実力はついていないのです。大切なのは「従業員が生活の中で英語に触れる習慣を作り、研修が終わっても自ら学ぶ意欲を育てること」です。

そこで本資料では、ビジネス英語研修「Bizmates」を導入し、学習を習慣化させることに成功した三菱UFJなど大手含む22社の事例を公開いたします。

ブックマークしました