2023年から開始!「インボイス制度」で請求書はどう変わる?

pasture(パスチャー)

概要

2023年10月1日から導入される「適格請求書等保存方式」、いわゆるインボイス制度により、消費税納税額計算の仕組みが大幅に変更され、多くが免税事業者であるフリーランスとのやり取りも大改正されます。

このインボイス制度が導入されると、企業側には課税事業者と免税事業者の分類や、フリーランスから、指定フォーマットに沿った請求書を受領する必要があるなど、さまざまな事務負担が増えることとなります。想定される作業ミスを最小限に抑えるために、企業はどのような対策をすればよいでしょうか。

本資料はインボイス制度について詳しく解説、その影響や対応策についてご紹介しています。早めに準備をスタートしておきましょう。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
エン・ジャパン株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

2023年10月1日から導入される「適格請求書等保存方式」、いわゆるインボイス制度により、消費税納税額計算の仕組みが大幅に変更され、多くが免税事業者であるフリーランスとのやり取りも大改正されます。

このインボイス制度が導入されると、企業側には課税事業者と免税事業者の分類や、フリーランスから、指定フォーマットに沿った請求書を受領する必要があるなど、さまざまな事務負担が増えることとなります。想定される作業ミスを最小限に抑えるために、企業はどのような対策をすればよいでしょうか。

本資料はインボイス制度について詳しく解説、その影響や対応策についてご紹介しています。早めに準備をスタートしておきましょう。

ブックマークしました