ドキュサイン(DocuSign)をご利用頂く場合の電子署名の適法性

DocuSign

概要

従来の紙での契約に比べ、契約締結までのリードタイムを短縮し、印刷代や郵送代、印紙代などのコストを削減、さらに契約プロセスの電子化により不測の事態でもビジネスを止めることなく継続でき、事業継続企画にも有効であることから、電子契約を採用する企業が増えています。しかし、そもそも電子署名は法的に安心して利用することができるのでしょうか。

本資料では、DocuSignをご利用いただく場合の電子署名の適法性について解説しています。

※資料ダウンロードにあたり、ドキュサイン・ジャパン株式会社からメール、電話でご連絡を差し上げることに同意いただいたとみなし、ご連絡をする場合があります。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

ドキュサイン・ジャパンに情報が提供されること、

概要

従来の紙での契約に比べ、契約締結までのリードタイムを短縮し、印刷代や郵送代、印紙代などのコストを削減、さらに契約プロセスの電子化により不測の事態でもビジネスを止めることなく継続でき、事業継続企画にも有効であることから、電子契約を採用する企業が増えています。しかし、そもそも電子署名は法的に安心して利用することができるのでしょうか。

本資料では、DocuSignをご利用いただく場合の電子署名の適法性について解説しています。

※資料ダウンロードにあたり、ドキュサイン・ジャパン株式会社からメール、電話でご連絡を差し上げることに同意いただいたとみなし、ご連絡をする場合があります。

ブックマークしました