「グローバル人材育成に関する課題」に関する調査結果

PROGRIT

概要

株式会社プログリットが行った「グローバル人材育成に関する課題についての調査」によると、全体の4割近くの企業が、グローバルな視点をもつ社員を増やしたい、社員の英語力をもっと上げたい、と考えており、企業規模があがれば上がるほど、グローバル人材育成に関して緊急度が高い傾向がみられます。

海外展開や海外とのやり取りに必要となる英語はツールとしての必要性が今後も高まると予測され、いざ使う前に対策をしてグローバルに活躍できる人材を養成することが日本企業における急務であるといえるでしょう。しかし法人向けの英語研修導入に必要な3つの判断基準があることが調査で明らかになりました。

本資料では、調査結果に基づいた「グローバル人材を育成するための効率的な英語学習」についてお伝えします。


すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社プログリットに情報が提供されることに同意して

概要

株式会社プログリットが行った「グローバル人材育成に関する課題についての調査」によると、全体の4割近くの企業が、グローバルな視点をもつ社員を増やしたい、社員の英語力をもっと上げたい、と考えており、企業規模があがれば上がるほど、グローバル人材育成に関して緊急度が高い傾向がみられます。

海外展開や海外とのやり取りに必要となる英語はツールとしての必要性が今後も高まると予測され、いざ使う前に対策をしてグローバルに活躍できる人材を養成することが日本企業における急務であるといえるでしょう。しかし法人向けの英語研修導入に必要な3つの判断基準があることが調査で明らかになりました。

本資料では、調査結果に基づいた「グローバル人材を育成するための効率的な英語学習」についてお伝えします。


ブックマークしました