概要

リード獲得後の営業成果を高めるためには、アプローチのスピードが重要です。たとえば、展示会で名刺交換した人へのアプローチが遅れた場合、会話した内容を忘れてしまい温度感が下がってしまうことや、競合企業が先にアプローチをすることで営業機会を逃してしまう可能性もあります。

専用のスキャナーで営業DXサービス「Sansan」に名刺を取り込めば自動で名刺情報をデータ化。Salesforceとの連携が可能なため、取引先・取引先責任者が自動で作成されます。顧客情報の入力工数を削減することでスピーディーなアプローチを可能にし、アプローチ後の案件管理もSalesforceで一元的に行うことができます。

本資料では、SansanとSalesforceの連携で営業活動がどのように変化するかを、具体的な業務イメージと合わせてご紹介します。営業活動を効率化したい、商談のパフォーマンスを上げたい方はぜひお役立てください。

※ Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。


BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

Sansan株式会社に情報が提供されること、

概要

リード獲得後の営業成果を高めるためには、アプローチのスピードが重要です。たとえば、展示会で名刺交換した人へのアプローチが遅れた場合、会話した内容を忘れてしまい温度感が下がってしまうことや、競合企業が先にアプローチをすることで営業機会を逃してしまう可能性もあります。

専用のスキャナーで営業DXサービス「Sansan」に名刺を取り込めば自動で名刺情報をデータ化。Salesforceとの連携が可能なため、取引先・取引先責任者が自動で作成されます。顧客情報の入力工数を削減することでスピーディーなアプローチを可能にし、アプローチ後の案件管理もSalesforceで一元的に行うことができます。

本資料では、SansanとSalesforceの連携で営業活動がどのように変化するかを、具体的な業務イメージと合わせてご紹介します。営業活動を効率化したい、商談のパフォーマンスを上げたい方はぜひお役立てください。

※ Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。


ブックマークしました