「導入して終わり」になっていない?業務効率化のカギは HRテクノロジーの「連携」にあり

SmartHR

概要

多くの企業がITツールを用いて既存業務のDXを進めています。中でも人事業務をはじめとするバックオフィス業務においては、「HRテクノロジー」「クラウドソフト」などのシステム活用が一般的となり、業務効率化に欠かせない存在になりました。

しかし、システム導入をしたとはいえ、そのシステムを最大限活用できていると、自信を持って言えますでしょうか?

本資料では、業務効率化に向けて最大限システム活用するために、HRテクノロジーを中心とした業務フローの改善点やシステム連携のポイントをご紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

多くの企業がITツールを用いて既存業務のDXを進めています。中でも人事業務をはじめとするバックオフィス業務においては、「HRテクノロジー」「クラウドソフト」などのシステム活用が一般的となり、業務効率化に欠かせない存在になりました。

しかし、システム導入をしたとはいえ、そのシステムを最大限活用できていると、自信を持って言えますでしょうか?

本資料では、業務効率化に向けて最大限システム活用するために、HRテクノロジーを中心とした業務フローの改善点やシステム連携のポイントをご紹介します。

ブックマークしました