ハラスメントサーベイを行うときの5つの注意点を法務担当者が解説!

SmartHR

概要

2020年6月に施行された「パワハラ防止法」で、企業に対してハラスメント対策のための相談窓口設置が義務化されました。中小企業では現在は努力義務となっていますが、4月1日には、大企業と同様に義務化が適用されます。

ハラスメントについて適切に対応しない場合、従業員に対する安全配慮義務違反となる可能性があります。従業員から相談を受ける前に、企業が先回りして状況を把握し対応すれば、ハラスメントの問題を最小化できます。では、具体的にどのような対応が有効なのでしょうか。

本資料では、「ハラスメントサーベイ」を用いたハラスメント調査の活用方法と5つの注意点を法務担当者が解説します。貴社のハラスメント対策にぜひお役立てください。

目次

  • はじめに
  • ハラスメント調査を行うべき理由
  • ハラスメント調査における5つのポイント

ポイント1 定期的に実施する 

ポイント2 匿名で実施する 

ポイント3 情報の共有範囲や目的を明確にする 

ポイント4 ハラスメントの分類を特定しなくてもいい 

ポイント5 セカンドハラスメントに注意する

  • まとめ
  • SmartHRサービス紹介、導入事例

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

2020年6月に施行された「パワハラ防止法」で、企業に対してハラスメント対策のための相談窓口設置が義務化されました。中小企業では現在は努力義務となっていますが、4月1日には、大企業と同様に義務化が適用されます。

ハラスメントについて適切に対応しない場合、従業員に対する安全配慮義務違反となる可能性があります。従業員から相談を受ける前に、企業が先回りして状況を把握し対応すれば、ハラスメントの問題を最小化できます。では、具体的にどのような対応が有効なのでしょうか。

本資料では、「ハラスメントサーベイ」を用いたハラスメント調査の活用方法と5つの注意点を法務担当者が解説します。貴社のハラスメント対策にぜひお役立てください。

目次

  • はじめに
  • ハラスメント調査を行うべき理由
  • ハラスメント調査における5つのポイント

ポイント1 定期的に実施する 

ポイント2 匿名で実施する 

ポイント3 情報の共有範囲や目的を明確にする 

ポイント4 ハラスメントの分類を特定しなくてもいい 

ポイント5 セカンドハラスメントに注意する

  • まとめ
  • SmartHRサービス紹介、導入事例
ブックマークしました