不動産会社必見!反響に関する3つの悩みと3つの解決策

いえーる ダンドリ

概要

不動産売買を検討する消費者の購買プロセスは年々変化しています。例えば、スマホ普及によって消費者自身が不動産の情報収集をするようになったことや、それによる売買の検討期間の長期化が挙げられます。さらに、新型コロナウイルスの影響により、非対面接客を望む消費者も増加しました。

そんな中、下記のような反響課題を持っている不動産仲介会社は多いのではないでしょうか?

・反響不足、来店につながらない

・成果に結びつかない非効率な業務による遅延、取りこぼし

・住宅ローンの審査落ちが多い、審査スピードが遅い

本資料では、これら反響課題について、3つの対策事例を掲載しています。これを機に、問い合わせの対応量やスピードの見直し、オンライン接客の検討をしてみませんか?

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

iYell株式会社に情報が提供されること、

概要

不動産売買を検討する消費者の購買プロセスは年々変化しています。例えば、スマホ普及によって消費者自身が不動産の情報収集をするようになったことや、それによる売買の検討期間の長期化が挙げられます。さらに、新型コロナウイルスの影響により、非対面接客を望む消費者も増加しました。

そんな中、下記のような反響課題を持っている不動産仲介会社は多いのではないでしょうか?

・反響不足、来店につながらない

・成果に結びつかない非効率な業務による遅延、取りこぼし

・住宅ローンの審査落ちが多い、審査スピードが遅い

本資料では、これら反響課題について、3つの対策事例を掲載しています。これを機に、問い合わせの対応量やスピードの見直し、オンライン接客の検討をしてみませんか?

ブックマークしました