実践 人材マネジメント #2企画実践編 よくある8つの課題と解決のヒント集【10_0025】

SmartHR

概要

企業のビジョンや経営目標の達成を目指し、人材を有効活用する手法である「人材マネジメント」。自社にマッチする人材を採用して、適材適所に配置し、成長を促す人材開発を行い、成果に応じて適切に評価するーーそうして従業員が活躍できる環境をつくる仕組みです。

目まぐるしく変わる社会環境の中で、従業員が働きたいと思う会社をつくる手段として、その重要性が高まっています。

#2となる本資料では、「優秀人材の採用」や「人事評価の納得度向上」など、人材マネジメントのよくある課題8つを取り上げ、解決のヒントをご紹介します。

目次

  • はじめに
  • 人材マネジメントのよくある課題
  • 【採用】優秀な人材を採用したい
  • 【代謝】不本意・予期せぬ退職を減らしたい
  • 【人材開発】次世代の管理職層を確保したい
  • 【人材開発】効果的な人材育成の計画&運用がしたい
  • 【人材開発】従業員の成長意欲を高めたい
  • 【移動】移動先・配属先を適切に判断したい
  • 【人事評価】人事評価への従業員の納得度を高めたい
  • 【組織開発】組織を最適化しパフォーマンスを高めたい
  • 人材マネジメントの施策検討には「人事データ」が重要


「実践 人材マネジメント #1理論編 考え方と実践の3ステップ」はこちら 

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

企業のビジョンや経営目標の達成を目指し、人材を有効活用する手法である「人材マネジメント」。自社にマッチする人材を採用して、適材適所に配置し、成長を促す人材開発を行い、成果に応じて適切に評価するーーそうして従業員が活躍できる環境をつくる仕組みです。

目まぐるしく変わる社会環境の中で、従業員が働きたいと思う会社をつくる手段として、その重要性が高まっています。

#2となる本資料では、「優秀人材の採用」や「人事評価の納得度向上」など、人材マネジメントのよくある課題8つを取り上げ、解決のヒントをご紹介します。

目次

  • はじめに
  • 人材マネジメントのよくある課題
  • 【採用】優秀な人材を採用したい
  • 【代謝】不本意・予期せぬ退職を減らしたい
  • 【人材開発】次世代の管理職層を確保したい
  • 【人材開発】効果的な人材育成の計画&運用がしたい
  • 【人材開発】従業員の成長意欲を高めたい
  • 【移動】移動先・配属先を適切に判断したい
  • 【人事評価】人事評価への従業員の納得度を高めたい
  • 【組織開発】組織を最適化しパフォーマンスを高めたい
  • 人材マネジメントの施策検討には「人事データ」が重要


「実践 人材マネジメント #1理論編 考え方と実践の3ステップ」はこちら 

ブックマークしました