産業医が語る!リモートワークによる従業員の健康被害リスクと、その対応方法

SmartHR

概要

リモートワークが長期化していることにより、健康被害を訴える人が増加しています。

基本的に、リモートワーク下でも従業員の労働環境整備は事業者の責任です。業務と傷病の間に一定の因果関係があれば、自宅での勤務であっても労災の認定を受けますので注意が必要です。リモートワーク導入で従業員の「顔」が見えない中、状況を把握し早めに対処するために何をすればよいでしょうか?

本資料は、労働衛生コンサルタント・産業医の林恭弘先生による「リモートワークによる従業員の健康被害リスク」とその対応法の講演会の内容をご紹介します。

目次

  • リモートワークの長期化による、従業員への影響
  • 在宅勤務の「作業環境」のポイント
  • 在宅勤務における「健康管理」のポイント
  • リモートワークにおける「労務管理」のポイント
  • 「メンタルヘルス対策」は早めの対処がカギ



すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

リモートワークが長期化していることにより、健康被害を訴える人が増加しています。

基本的に、リモートワーク下でも従業員の労働環境整備は事業者の責任です。業務と傷病の間に一定の因果関係があれば、自宅での勤務であっても労災の認定を受けますので注意が必要です。リモートワーク導入で従業員の「顔」が見えない中、状況を把握し早めに対処するために何をすればよいでしょうか?

本資料は、労働衛生コンサルタント・産業医の林恭弘先生による「リモートワークによる従業員の健康被害リスク」とその対応法の講演会の内容をご紹介します。

目次

  • リモートワークの長期化による、従業員への影響
  • 在宅勤務の「作業環境」のポイント
  • 在宅勤務における「健康管理」のポイント
  • リモートワークにおける「労務管理」のポイント
  • 「メンタルヘルス対策」は早めの対処がカギ



ブックマークしました