概要

属人化しがちな営業の情報をデータ化し、営業活動の生産性・売上を向上させることを目的としている「SFA」。データに基づいてPDCAを回し、営業活動を改善していく手法が注目され、日本でも導入が進んでいます。

SFAを運用する上で欠かせないのが情報の入力です。入力されなければデータの分析もできませんし、もちろん共有もできません。しかし、ここがネックになり、SFAの導入に失敗する企業が非常に多いのです。

本資料では「SFA分類チャート」でSFAを4つのタイプに類別。主要なSFAを、機能や価格の比較だけではなく「運用」という切り口で紹介します。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社マツリカに情報が提供されること、

概要

属人化しがちな営業の情報をデータ化し、営業活動の生産性・売上を向上させることを目的としている「SFA」。データに基づいてPDCAを回し、営業活動を改善していく手法が注目され、日本でも導入が進んでいます。

SFAを運用する上で欠かせないのが情報の入力です。入力されなければデータの分析もできませんし、もちろん共有もできません。しかし、ここがネックになり、SFAの導入に失敗する企業が非常に多いのです。

本資料では「SFA分類チャート」でSFAを4つのタイプに類別。主要なSFAを、機能や価格の比較だけではなく「運用」という切り口で紹介します。

ブックマークしました