【2023年度予定】人的資本情報開示の義務化に備えて今すべきこと

SmartHR

概要

2022年6月7日に政府は「新しい資本主義のグランドデザイン及び実行計画」を発表しました。本計画はこの先5年ほどの総合政策をまとめた資料と言えますが、これを見ると「人的資本」に重点投資されることが分かります。

この重点投資によって各企業に課されるのが「人的資本に関する情報の開示」です。開示対象には人材育成や流動性、多様性、健康・安全などの情報が検討されていることから、人事・労務の業務にも影響します。

実際に情報開示が義務化されるのは2023年度で、まずは一部の企業が対象となる見込みですが、やがてあらゆる企業が情報開示する時代が来るでしょう。スムーズな情報開示で競合他社よりも一歩リードするために、この資料を読んで備えておきましょう。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

2022年6月7日に政府は「新しい資本主義のグランドデザイン及び実行計画」を発表しました。本計画はこの先5年ほどの総合政策をまとめた資料と言えますが、これを見ると「人的資本」に重点投資されることが分かります。

この重点投資によって各企業に課されるのが「人的資本に関する情報の開示」です。開示対象には人材育成や流動性、多様性、健康・安全などの情報が検討されていることから、人事・労務の業務にも影響します。

実際に情報開示が義務化されるのは2023年度で、まずは一部の企業が対象となる見込みですが、やがてあらゆる企業が情報開示する時代が来るでしょう。スムーズな情報開示で競合他社よりも一歩リードするために、この資料を読んで備えておきましょう。

ブックマークしました