リスキリング 回避すべき3つの落とし穴【10_0041】

SmartHR

概要

近年、再教育を表す「リスキリング」が世界的に注目されています。とある調査によると、欧米では約8割の企業がリスキリングを実施していますが、日本企業は約3割に留まっていることが分かりました。

経済産業省が推奨し始めたリスキリングは、今後企業がビジネス競争で生き残る上で必要とされています。しかし、手当たり次第に始めても成果にはつながりません。

本資料では、リスキリングの概要と陥りがちな落とし穴を解説した上で、今後リスキリングに取り組むためのヒントを紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

近年、再教育を表す「リスキリング」が世界的に注目されています。とある調査によると、欧米では約8割の企業がリスキリングを実施していますが、日本企業は約3割に留まっていることが分かりました。

経済産業省が推奨し始めたリスキリングは、今後企業がビジネス競争で生き残る上で必要とされています。しかし、手当たり次第に始めても成果にはつながりません。

本資料では、リスキリングの概要と陥りがちな落とし穴を解説した上で、今後リスキリングに取り組むためのヒントを紹介します。

ブックマークしました