製造業DXの鍵となる「社内人材の多様性」と"人"の発想を組み合わせる「集合知」とは【10_0051】

SmartHR

概要

DXという言葉の過熱気味な広がりとともに、多くの日本企業がデジタル技術の導入に力を入れています。

しかし、DXが広がるにつれ、デジタル技術自体の重要性に加えて、技術を扱う「人」の重要性が増してきています。とりわけ、それは製造業においてより顕著に表れています。

ものづくりに関わる企業が今後、デジタルの領域で成長していくためのポイントとは……本資料5ページ目で解説いたします。ぜひご覧ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

DXという言葉の過熱気味な広がりとともに、多くの日本企業がデジタル技術の導入に力を入れています。

しかし、DXが広がるにつれ、デジタル技術自体の重要性に加えて、技術を扱う「人」の重要性が増してきています。とりわけ、それは製造業においてより顕著に表れています。

ものづくりに関わる企業が今後、デジタルの領域で成長していくためのポイントとは……本資料5ページ目で解説いたします。ぜひご覧ください。

ブックマークしました