SmartHR
提供:株式会社SmartHR

概要

グローバルで比較した場合、日本企業の労働生産性や従業員エンゲージメントはいまだ低いという現実があります。

一方、人事部門の多くは日々の業務に忙殺され、社員の働きやすさ・働きがい向上の施策実行にはなかなか至っていません。

こうした状況を打開するには、人事・労務部門の業務の効率化が第一歩であり、さらにその先にある人事戦略を推進するためには、HRテクノロジーの活用による人事DXが鍵となります。

本資料ではその成功のポイントを、多彩な事例とともにご紹介いたします。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

グローバルで比較した場合、日本企業の労働生産性や従業員エンゲージメントはいまだ低いという現実があります。

一方、人事部門の多くは日々の業務に忙殺され、社員の働きやすさ・働きがい向上の施策実行にはなかなか至っていません。

こうした状況を打開するには、人事・労務部門の業務の効率化が第一歩であり、さらにその先にある人事戦略を推進するためには、HRテクノロジーの活用による人事DXが鍵となります。

本資料ではその成功のポイントを、多彩な事例とともにご紹介いたします。

ブックマークしました