【2023年4月から中小企業も対象】割増賃金率の引き上げで勤怠管理はどう変わる?

マネーフォワードクラウド勤怠

概要

長時間労働の抑制と労働者の健康を保つことを目的に、2010年4月に施行された改正労働基準法。2023年4月以降、これまで大企業だけが対象となっていた「60時間を超える時間外労働の割増賃金率引き上げ」が中小企業にも適用されます。改正内容に即した残業代の支払いには、正確な労働時間の把握が欠かせないため、該当する企業は勤怠管理の方法も見直していく必要があるでしょう。

この資料では、「60時間を超える時間外労働の割増賃金率引き上げ」の概要と必要な対応についてわかりやすく説明します。特に、施行後で勤怠管理の方法をどのように見直していくべきかに焦点を当てて解説しますので、自社の労働時間管理に課題を感じている方のヒントになれば幸いです。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社マネーフォワードに情報が提供されること、

概要

長時間労働の抑制と労働者の健康を保つことを目的に、2010年4月に施行された改正労働基準法。2023年4月以降、これまで大企業だけが対象となっていた「60時間を超える時間外労働の割増賃金率引き上げ」が中小企業にも適用されます。改正内容に即した残業代の支払いには、正確な労働時間の把握が欠かせないため、該当する企業は勤怠管理の方法も見直していく必要があるでしょう。

この資料では、「60時間を超える時間外労働の割増賃金率引き上げ」の概要と必要な対応についてわかりやすく説明します。特に、施行後で勤怠管理の方法をどのように見直していくべきかに焦点を当てて解説しますので、自社の労働時間管理に課題を感じている方のヒントになれば幸いです。

ブックマークしました