生産性向上と法令遵守を両立する「健康管理システム」の選び方

Carely

概要

企業には、仕事が原因で労働者が健康を害さないようにする義務(安全配慮義務)があります。また労働者には、自己の健康を取り戻す義務が労働契約上あります(自己保健義務)。

つまり、健康管理は企業と労働者の義務といえます。人事労務は健康管理に関する法律を理解し、実際に運用する必要があるのです。

本資料では、労働基準法・労働安全衛生法・労働契約法の重要な3つの法に基づき人事が担うべき「7つの健康管理業務」をご紹介します。法令遵守できているかのチェックとしてもご活用ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社iCAREに情報が提供されること、

概要

企業には、仕事が原因で労働者が健康を害さないようにする義務(安全配慮義務)があります。また労働者には、自己の健康を取り戻す義務が労働契約上あります(自己保健義務)。

つまり、健康管理は企業と労働者の義務といえます。人事労務は健康管理に関する法律を理解し、実際に運用する必要があるのです。

本資料では、労働基準法・労働安全衛生法・労働契約法の重要な3つの法に基づき人事が担うべき「7つの健康管理業務」をご紹介します。法令遵守できているかのチェックとしてもご活用ください。

ブックマークしました