SmartHR
提供:株式会社SmartHR

概要

三菱重工グループは、グループ横断で人事システムを刷新する大規模プロジェクトを発足。2021年から始まった3ヵ年計画のなかで「従業員目線の人事DX」を行いました。

基幹システムのリプレイスだけでは欠けていた、従業員目線での「使いやすさ」を実現した秘訣とは、何だったのでしょうか?本資料では、三菱重工が行った「使いやすさ」を追求した人事DXの背景と今後の展望について、解説しています。詳しくは資料p.3~をご覧ください。

目次

  • はじめに
  • 労務手続きの効率化・利用しやすいUIを実現できるシステムを探していた
  • SmartHRには大規模基幹システムを補う役割に期待
  • 各拠点の従業員とも円滑なコミュニケーションが可能に
  • 3カ年計画における段階的な導入により従業員の利便性の向上を追求
  • 基盤システムとの連携なら、従業員も人事担当者も迷わず使えるSmartHR

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

三菱重工グループは、グループ横断で人事システムを刷新する大規模プロジェクトを発足。2021年から始まった3ヵ年計画のなかで「従業員目線の人事DX」を行いました。

基幹システムのリプレイスだけでは欠けていた、従業員目線での「使いやすさ」を実現した秘訣とは、何だったのでしょうか?本資料では、三菱重工が行った「使いやすさ」を追求した人事DXの背景と今後の展望について、解説しています。詳しくは資料p.3~をご覧ください。

目次

  • はじめに
  • 労務手続きの効率化・利用しやすいUIを実現できるシステムを探していた
  • SmartHRには大規模基幹システムを補う役割に期待
  • 各拠点の従業員とも円滑なコミュニケーションが可能に
  • 3カ年計画における段階的な導入により従業員の利便性の向上を追求
  • 基盤システムとの連携なら、従業員も人事担当者も迷わず使えるSmartHR
ブックマークしました