概要

昨年の出生数が80万人を切り少子化が深刻となる中、限られた経営資源を「どう配分すべきなのか」が重要な課題となっています。そんな中、関西学院と駒澤大学が資源を有効に活かすため人事DXに挑みました。

紙の書類だらけの職場環境を改善するペーパレス化、入退職の手続きのオンライン化、人事データの蓄積で可能となるタレントマネジメントなど。人事DXの取り組みは多岐にわたります。

保守的な一面もあったこれらの大学は人事DXにより、どのように変革を遂げたのでしょうか。詳しくはp.2~をご覧ください。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

昨年の出生数が80万人を切り少子化が深刻となる中、限られた経営資源を「どう配分すべきなのか」が重要な課題となっています。そんな中、関西学院と駒澤大学が資源を有効に活かすため人事DXに挑みました。

紙の書類だらけの職場環境を改善するペーパレス化、入退職の手続きのオンライン化、人事データの蓄積で可能となるタレントマネジメントなど。人事DXの取り組みは多岐にわたります。

保守的な一面もあったこれらの大学は人事DXにより、どのように変革を遂げたのでしょうか。詳しくはp.2~をご覧ください。

ブックマークしました