SmartHR
提供:株式会社SmartHR

概要

働き方が多様化する昨今、不活性人材が問題視されています。

不活性人材とは、モチベーションが低く指示されたことしかやらない、あるいは適した仕事を割り振られず能力を発揮しきれていない人材を指します。不活性化は組織全体の生産性低下にもつながるため、放置せずに原因を解消する必要があります。

しかし、対策をしようにも不活性化に周囲が気付けない、いわゆる「隠れ不活性人材」が発生している場合があります。

このような「隠れ不活性人材」を、どのように発見・ 対処すべきかをまとめました。詳しくは資料p.3~ご覧ください。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

働き方が多様化する昨今、不活性人材が問題視されています。

不活性人材とは、モチベーションが低く指示されたことしかやらない、あるいは適した仕事を割り振られず能力を発揮しきれていない人材を指します。不活性化は組織全体の生産性低下にもつながるため、放置せずに原因を解消する必要があります。

しかし、対策をしようにも不活性化に周囲が気付けない、いわゆる「隠れ不活性人材」が発生している場合があります。

このような「隠れ不活性人材」を、どのように発見・ 対処すべきかをまとめました。詳しくは資料p.3~ご覧ください。

ブックマークしました