概要

人事担当者や経営層の方の大きな悩みのタネになっている「離職率」。離職率の適正値は業種や企業によって捉え方が異なりますが、多くの企業で離職率をいかに抑えるかが大きな課題となっています。

しかし、離職率を抑えるためにさまざまな対策を打つものの、思ったような効果があらわれず頭を抱えている担当者の方も多いのではないでしょうか。

本資料では、離職防止につながるカウンセリングを実施するために必要な2つのポイントについて解説します。

CONTENTS

  • 離職率の現状、もたらす影響
  • 離職防止に必要な取り組み
  • カウンセリングの目的
  • カウンセリングサービスが浸透しない理由
  • 離職防止に効くカウンセリングとは

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社Smart相談室に情報が提供されること、

概要

人事担当者や経営層の方の大きな悩みのタネになっている「離職率」。離職率の適正値は業種や企業によって捉え方が異なりますが、多くの企業で離職率をいかに抑えるかが大きな課題となっています。

しかし、離職率を抑えるためにさまざまな対策を打つものの、思ったような効果があらわれず頭を抱えている担当者の方も多いのではないでしょうか。

本資料では、離職防止につながるカウンセリングを実施するために必要な2つのポイントについて解説します。

CONTENTS

  • 離職率の現状、もたらす影響
  • 離職防止に必要な取り組み
  • カウンセリングの目的
  • カウンセリングサービスが浸透しない理由
  • 離職防止に効くカウンセリングとは
ブックマークしました