概要

従業員のメンタル不調のサイン。小さな徴候の段階で適切に対応することができれば、休業や離職のリスク低減に繋がります。

厚生労働省による2021年の調査(※)では、組織規模が大きくなるほど、不調を感じる従業員の割合も大きいという結果が出ました。一方で、9割に上る企業がメンタルヘルス対策を行っているものの、有効活用されないことに悩む企業も多いようです。

本資料では、離職・休職につながるメンタルヘルス不調の実態と有効な対応策を解説します。詳しくは資料p.2〜をご覧ください。

※厚生労働省:令和3年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況 (2022年7月発表)

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社Smart相談室に情報が提供されること、

概要

従業員のメンタル不調のサイン。小さな徴候の段階で適切に対応することができれば、休業や離職のリスク低減に繋がります。

厚生労働省による2021年の調査(※)では、組織規模が大きくなるほど、不調を感じる従業員の割合も大きいという結果が出ました。一方で、9割に上る企業がメンタルヘルス対策を行っているものの、有効活用されないことに悩む企業も多いようです。

本資料では、離職・休職につながるメンタルヘルス不調の実態と有効な対応策を解説します。詳しくは資料p.2〜をご覧ください。

※厚生労働省:令和3年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況 (2022年7月発表)

ブックマークしました