SmartHR
提供:株式会社SmartHR

概要

残業時間の上限規制がかかる2024年問題を目前として、物流企業では労務業務の見直しが行われています。

物流業界には、他にも「現場ドライバーの疲弊」「ドライバーの高齢化」「若年層の定着率の低さ」などの課題があります。このような課題に対処するために就労環境の整備は不可欠といえます。

本資料では、物流業界特有の悩みから労務業務の効率化をはじめた大翔トランスポートさまの事例を紹介。どのような背景から、どのような取り組みを行ったのか伺いました。詳しくは、資料p.5~ご覧ください。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

残業時間の上限規制がかかる2024年問題を目前として、物流企業では労務業務の見直しが行われています。

物流業界には、他にも「現場ドライバーの疲弊」「ドライバーの高齢化」「若年層の定着率の低さ」などの課題があります。このような課題に対処するために就労環境の整備は不可欠といえます。

本資料では、物流業界特有の悩みから労務業務の効率化をはじめた大翔トランスポートさまの事例を紹介。どのような背景から、どのような取り組みを行ったのか伺いました。詳しくは、資料p.5~ご覧ください。

ブックマークしました