SmartHR
提供:株式会社SmartHR

概要

2024年は、働き方の1つとして「フリーランス」が注目される年になりそうです。フリーランスは就業者全体の約7%にあたり増加傾向。事業者がフリーランスと業務委託をする際は、労働法の保護対象とならないなどチェックすべきポイントがあります。

そのほか、育児・介護休業法についても改正に向けた審議が始まりました。いずれも実務に直結する法改正のため、動向を随時確認する必要があります。

本資料では、社労士監修のもと、2024年人事・労務の法改正と実務対応をまとめました。詳しくは、資料p.3~をご覧ください。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

2024年は、働き方の1つとして「フリーランス」が注目される年になりそうです。フリーランスは就業者全体の約7%にあたり増加傾向。事業者がフリーランスと業務委託をする際は、労働法の保護対象とならないなどチェックすべきポイントがあります。

そのほか、育児・介護休業法についても改正に向けた審議が始まりました。いずれも実務に直結する法改正のため、動向を随時確認する必要があります。

本資料では、社労士監修のもと、2024年人事・労務の法改正と実務対応をまとめました。詳しくは、資料p.3~をご覧ください。

ブックマークしました