面接のトリセツ#1 「構造化面接法」と「インシデントプロセス面接」

ビズリーチ・ダイレクト

Thumbnails

概要

一口に「面接」といっても、さまざまな手法があり、それぞれ異なる特徴があります。採用面接では、募集ポジションの特徴や候補者の特性、選考フローなどに応じて、適切な面接手法を使い分けることが大切です。
『面接のトリセツ』シリーズでは、2回にわたり、特徴的な面接手法の概要と効果を解説していきます。

初回は、判断基準を標準化し、採用角度を飛躍的に高める「構造化面接法」と、多くの企業が難しいと悩む、リーダー候補・マネジメント人材の採用で役立つ「インシデントプロセス面接」を取り上げます。

目次

・「構造化面接法」は判断基準を標準化し、採用確度を飛躍的に高める
・「行動面接」「状況面接」で候補者の志向と誠実さなどを見極める
・候補者を公平に見極めるためのポイント
・「構造化面接法」だけが正解ではない
・リーダー候補を見極める「インシデントプロセス面接」
・「インシデントプロセス面接」の魅力
・「インシデントプロセス面接」の手順

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

一口に「面接」といっても、さまざまな手法があり、それぞれ異なる特徴があります。採用面接では、募集ポジションの特徴や候補者の特性、選考フローなどに応じて、適切な面接手法を使い分けることが大切です。
『面接のトリセツ』シリーズでは、2回にわたり、特徴的な面接手法の概要と効果を解説していきます。

初回は、判断基準を標準化し、採用角度を飛躍的に高める「構造化面接法」と、多くの企業が難しいと悩む、リーダー候補・マネジメント人材の採用で役立つ「インシデントプロセス面接」を取り上げます。

目次

・「構造化面接法」は判断基準を標準化し、採用確度を飛躍的に高める
・「行動面接」「状況面接」で候補者の志向と誠実さなどを見極める
・候補者を公平に見極めるためのポイント
・「構造化面接法」だけが正解ではない
・リーダー候補を見極める「インシデントプロセス面接」
・「インシデントプロセス面接」の魅力
・「インシデントプロセス面接」の手順

ブックマークしました