早期離職を防ぐカギは採用にあり

ビズリーチ・ダイレクト

Thumbnails

概要

2013年、政府がアベノミクス第三の矢として位置づける成長戦略において、雇用の流動性を高める政策が打ち出されました。新たな成長分野に人材を投入し経済を活性化させようとする狙いがあり、成長産業へと人材が動くことで、新陳代謝が進み、経済も成長するという仕組みです。 企業からすると、これによって離職が促進されるのでは、という懸念があります。そのため、離職するにも2つの理由がある、ということを知っておく必要があります。

本資料では、企業が対策を取れる離職理由を知り、早期退職を防ぐための4つのポイントをまとめました。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

2013年、政府がアベノミクス第三の矢として位置づける成長戦略において、雇用の流動性を高める政策が打ち出されました。新たな成長分野に人材を投入し経済を活性化させようとする狙いがあり、成長産業へと人材が動くことで、新陳代謝が進み、経済も成長するという仕組みです。 企業からすると、これによって離職が促進されるのでは、という懸念があります。そのため、離職するにも2つの理由がある、ということを知っておく必要があります。

本資料では、企業が対策を取れる離職理由を知り、早期退職を防ぐための4つのポイントをまとめました。

ブックマークしました