早期離職を防ぐカギは採用にあり

ビズリーチ

概要

2013年、政府がアベノミクス第三の矢として位置づける成長戦略において、雇用の流動性を高める政策が打ち出されました。新たな成長分野に人材を投入し経済を活性化させようとする狙いがあり、成長産業へと人材が動くことで、新陳代謝が進み、経済も成長するという仕組みです。 企業からすると、これによって離職が促進されるのでは、という懸念があります。そのため、離職するにも2つの理由がある、ということを知っておく必要があります。

本資料では、企業が対策を取れる離職理由を知り、早期退職を防ぐための4つのポイントをまとめました。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社ビズリーチに情報が提供されること、

概要

2013年、政府がアベノミクス第三の矢として位置づける成長戦略において、雇用の流動性を高める政策が打ち出されました。新たな成長分野に人材を投入し経済を活性化させようとする狙いがあり、成長産業へと人材が動くことで、新陳代謝が進み、経済も成長するという仕組みです。 企業からすると、これによって離職が促進されるのでは、という懸念があります。そのため、離職するにも2つの理由がある、ということを知っておく必要があります。

本資料では、企業が対策を取れる離職理由を知り、早期退職を防ぐための4つのポイントをまとめました。

ブックマークしました