Thumbnails

30代・40代のビズリーチ会員レポート

ビズリーチ・ダイレクト

概要

ビズリーチ社の調査によると転職に最もアクティブな行動を見せる年代は26〜45歳という結果が出ています。 そのうち特に即戦力として期待されるミドル人材(31〜45歳)の割合は55.5%で、全体の半数以上の割合を占めています。 現職の企業で係長・課長などの役職に就き、マネジメント経験を重ねている30〜40代は何を目指して転職活動に臨んでいるのか。 今回、その理由を探るため、この年代の「転職意向」について独自調査を実施し、本レポートにまとめました。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

ビズリーチ社の調査によると転職に最もアクティブな行動を見せる年代は26〜45歳という結果が出ています。 そのうち特に即戦力として期待されるミドル人材(31〜45歳)の割合は55.5%で、全体の半数以上の割合を占めています。 現職の企業で係長・課長などの役職に就き、マネジメント経験を重ねている30〜40代は何を目指して転職活動に臨んでいるのか。 今回、その理由を探るため、この年代の「転職意向」について独自調査を実施し、本レポートにまとめました。

ブックマークしました