求める人材を逃がさない! 面接官の4つの役割~実践編~

ビズリーチ

概要

基礎編では、人事担当者は「採用の総合プロデューサー」として、面接官を効果的にキャスティングすることが求められること、そして、その面接官には「4つの役割」があり、それぞれに適した人材のタイプがあることを、説明いたしました。

実践編となる本資料では、2つのケーススタディーを用いて、各採用フェーズにおいて、候補者の志向を捉えた上で、人事担当者はどのような点に注意しながら、面接官をキャスティングするとよいかを、紹介いたします。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社ビズリーチに情報が提供されること、

概要

基礎編では、人事担当者は「採用の総合プロデューサー」として、面接官を効果的にキャスティングすることが求められること、そして、その面接官には「4つの役割」があり、それぞれに適した人材のタイプがあることを、説明いたしました。

実践編となる本資料では、2つのケーススタディーを用いて、各採用フェーズにおいて、候補者の志向を捉えた上で、人事担当者はどのような点に注意しながら、面接官をキャスティングするとよいかを、紹介いたします。

ブックマークしました