英語圏における最新動向と企業法務実務へのインパクト

LegalForce

概要

コロナ禍で日本以上の影響を受けた英語圏。そんな厳しい状況の中で成長を続ける事業が「リーガルテック」です。なぜなら、この経済状況の中で企業成長を続けるためのカギは法務部門だと考えられており、特にLegal Operationsとよばれる法務部門の管理業務を効率化する体制が求められていいます。

日本企業でのリーガルテック導入は英語圏より遅れていますが、逆に先手を打って導入した企業ほど、この環境下での事業成長が見込めると言えます。では、日本企業でリーガルテックを導入するためにはどのように体制を整え、どのようなツールを導入すれば良いのでしょうか。

そこで本資料では、英語圏の事例をもとに、準備すべき体制について解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalForceに情報が提供されること、

概要

コロナ禍で日本以上の影響を受けた英語圏。そんな厳しい状況の中で成長を続ける事業が「リーガルテック」です。なぜなら、この経済状況の中で企業成長を続けるためのカギは法務部門だと考えられており、特にLegal Operationsとよばれる法務部門の管理業務を効率化する体制が求められていいます。

日本企業でのリーガルテック導入は英語圏より遅れていますが、逆に先手を打って導入した企業ほど、この環境下での事業成長が見込めると言えます。では、日本企業でリーガルテックを導入するためにはどのように体制を整え、どのようなツールを導入すれば良いのでしょうか。

そこで本資料では、英語圏の事例をもとに、準備すべき体制について解説します。

ブックマークしました