請求書に関する改正電帳法対策のポイント

Bill One

概要

今年1月、電子帳簿保存法(電帳法)の改正が施行され、企業における請求書の取り扱いが大きく変わりました。

保存要件の緩和により、紙で受け取った請求書をスキャンして電子保存することが税務署への申請なしで認められますが、請求書業務のデジタル化の準備は万全でしょうか?

電子保存の際は、真実性(ユニークであること)と可視性(読める&探せること)を確保する必要もあるため、入念な対策が必要となります。

本資料では、公認会計士が「改正による請求書の保存要件の変化」とともに、「企業が取り組むべきポイント」について詳しく解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

Sansan株式会社に情報が提供されること、

概要

今年1月、電子帳簿保存法(電帳法)の改正が施行され、企業における請求書の取り扱いが大きく変わりました。

保存要件の緩和により、紙で受け取った請求書をスキャンして電子保存することが税務署への申請なしで認められますが、請求書業務のデジタル化の準備は万全でしょうか?

電子保存の際は、真実性(ユニークであること)と可視性(読める&探せること)を確保する必要もあるため、入念な対策が必要となります。

本資料では、公認会計士が「改正による請求書の保存要件の変化」とともに、「企業が取り組むべきポイント」について詳しく解説します。

ブックマークしました