概要

すでに法務部の体制が整っている大企業とは異なり 、これから法務部をつくっていく段階の企業の経営者や管理部門の責任者、また、一人目の法務担当者の不安は大きいのではないでしょうか?

法務部の立ち上げ段階において特に重視し、優先度を高く設定すべきポイントがいくつかあります。こうしたポイントを押さえ、確実にステップを踏んで法務部をつくっていくことで、会社の中でも存在価値が高い「強い」法務部をつくることが可能になります。

本資料では、

  1. 法務部をこれからつくっていく段階のベンチャーやスタートアップ企業の経営者、
  2. 管理部門の責任者、
  3. 一人法務の方、
  4. 法務部の体制が整っていないという企業の法務の方、

などに向けて、法務部をつくっていくための順序とポイントをご紹介します。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalOn Technologiesに情報が提供されること、

概要

すでに法務部の体制が整っている大企業とは異なり 、これから法務部をつくっていく段階の企業の経営者や管理部門の責任者、また、一人目の法務担当者の不安は大きいのではないでしょうか?

法務部の立ち上げ段階において特に重視し、優先度を高く設定すべきポイントがいくつかあります。こうしたポイントを押さえ、確実にステップを踏んで法務部をつくっていくことで、会社の中でも存在価値が高い「強い」法務部をつくることが可能になります。

本資料では、

  1. 法務部をこれからつくっていく段階のベンチャーやスタートアップ企業の経営者、
  2. 管理部門の責任者、
  3. 一人法務の方、
  4. 法務部の体制が整っていないという企業の法務の方、

などに向けて、法務部をつくっていくための順序とポイントをご紹介します。

ブックマークしました