面接の基本「2つの大原則」と「NG質問集」

ビズリーチ

概要

面接において雰囲気を和らげるために、選考とは関係のない質問をする場合がありますが、質問によっては「就職差別」と指摘される恐れがあるため、注意が必要です。

具体的には、出生地、家族構成など「本人に責任のない事項の把握」、それに加えて、尊敬する人物、宗教、思想など「本来自由であるべき事項の把握」がNG質問に該当します。

つまり、面接においては「応募者の基本的人権を尊重すること」と「応募者の適正、能力のみを基準とすること」の2つの大原則を心がけるべき、ということです。本資料では、この2大原則の詳細や、NG質問の具体例について解説しています。ぜひご覧ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社ビズリーチに情報が提供されること、

概要

面接において雰囲気を和らげるために、選考とは関係のない質問をする場合がありますが、質問によっては「就職差別」と指摘される恐れがあるため、注意が必要です。

具体的には、出生地、家族構成など「本人に責任のない事項の把握」、それに加えて、尊敬する人物、宗教、思想など「本来自由であるべき事項の把握」がNG質問に該当します。

つまり、面接においては「応募者の基本的人権を尊重すること」と「応募者の適正、能力のみを基準とすること」の2つの大原則を心がけるべき、ということです。本資料では、この2大原則の詳細や、NG質問の具体例について解説しています。ぜひご覧ください。

ブックマークしました