心理的安全性を高め、経営課題を解決した事例3選

Unipos

概要

コロナ禍の今、約4⼈に1⼈が離職意向があり、“助け合いのしやすい組織づくり”が離職意向の軽減につながることが調査結果から判明しました。

この“助け合いのしやすい組織づくり”に欠かせない指標が「⼼理的安全性」です。⼼理的安全性とは、誰もが不安や恐れを感じることなく、⾃分の意⾒や疑問を率直に⾔えて⾏動できる状態を指します。そして⼼理的安全性の向上には「称賛」が欠かせません。⽇常的に称賛し合い、認められている実感を得ることで、離職防止に繋がります。

本資料では、心理的安全性を高めて離職を防止した、人材定着が難しい業界3社の事例と具体的な施策についてご紹介します。

主なトピック

 事例① 離職率が低下

・株式会社ハイフライヤーズ(保育)

 離職率が34%→約10%に低下

 園児の受⼊数が増えたことで業績も改善

事例② 若⼿社員の離職率を改善

・アース製薬株式会社(製薬会社)

 35歳以下の若手社員の退職率が約7分の1まで減少

事例③ 離職防⽌・コスト削減を同時に実現

・テレパフォーマンスジャパン株式会社(サービス業)

 孤独感が解消され離職を防⽌

 採⽤/育成コストも削減


その他、この3社が実際に行った施策「ピアボーナス®︎」について詳しく解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

Unipos株式会社に情報が提供されること、

概要

コロナ禍の今、約4⼈に1⼈が離職意向があり、“助け合いのしやすい組織づくり”が離職意向の軽減につながることが調査結果から判明しました。

この“助け合いのしやすい組織づくり”に欠かせない指標が「⼼理的安全性」です。⼼理的安全性とは、誰もが不安や恐れを感じることなく、⾃分の意⾒や疑問を率直に⾔えて⾏動できる状態を指します。そして⼼理的安全性の向上には「称賛」が欠かせません。⽇常的に称賛し合い、認められている実感を得ることで、離職防止に繋がります。

本資料では、心理的安全性を高めて離職を防止した、人材定着が難しい業界3社の事例と具体的な施策についてご紹介します。

主なトピック

 事例① 離職率が低下

・株式会社ハイフライヤーズ(保育)

 離職率が34%→約10%に低下

 園児の受⼊数が増えたことで業績も改善

事例② 若⼿社員の離職率を改善

・アース製薬株式会社(製薬会社)

 35歳以下の若手社員の退職率が約7分の1まで減少

事例③ 離職防⽌・コスト削減を同時に実現

・テレパフォーマンスジャパン株式会社(サービス業)

 孤独感が解消され離職を防⽌

 採⽤/育成コストも削減


その他、この3社が実際に行った施策「ピアボーナス®︎」について詳しく解説します。

ブックマークしました