法務違反を未然に防ぐ!法務部門が行うべき社内研修リスト

LegalForce

概要

法務部門は、社内における法令遵守の要として、経営・事業の阻害要因となりうる法令違反を未然に防ぐことが期待されています。そのために重要なのが、経営陣・管理職・その他従業員などに対しておこなう社内研修です。

研修を実施するにあたっては、「何に気を付けたらよいのか 」「何をしてはいけないのか 」といったことを明確に伝えることが大切ですが、ひとくちに「法務研修」といっても、その範囲と種類は多岐にわたります。

そこで、本資料では、法務部が扱うべき研修のテーマとその概要、実施のポイントをリスト形式でまとめました。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalOn Technologiesに情報が提供されること、

概要

法務部門は、社内における法令遵守の要として、経営・事業の阻害要因となりうる法令違反を未然に防ぐことが期待されています。そのために重要なのが、経営陣・管理職・その他従業員などに対しておこなう社内研修です。

研修を実施するにあたっては、「何に気を付けたらよいのか 」「何をしてはいけないのか 」といったことを明確に伝えることが大切ですが、ひとくちに「法務研修」といっても、その範囲と種類は多岐にわたります。

そこで、本資料では、法務部が扱うべき研修のテーマとその概要、実施のポイントをリスト形式でまとめました。

ブックマークしました