採用すべき人材を見極める シン・面接のトリセツ

ビズリーチ

概要

「⾯接」は、企業が採⽤選考を実施する際に⼤きなウェイトを占めています。しかし残念なことに、組織内の古い慣習による型にはまった⾯接や、⾯接官⼀⼈ひとりが異なった採⽤基準で選考しているケースもあり、さまざまな問題が浮き彫りになっています。

ビズリーチが⾏った採⽤⼒アンケートによると「⾃社のカルチャーにフィットするか判断ができない」「保有する経験やスキルの見極めができない」「誰がどんなポイントで⾯接をするかという戦略性がない」など、面接実施にあたって何らかの課題があると答えた企業が9割以上にのぼりました。

そこで、本資料では、⾯接で⼈材を⾒極める2つのポイントや「⾯接前」、「⾯接(本番)」それぞれの準備や実践⽅法について、詳しく解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社ビズリーチに情報が提供されること、

概要

「⾯接」は、企業が採⽤選考を実施する際に⼤きなウェイトを占めています。しかし残念なことに、組織内の古い慣習による型にはまった⾯接や、⾯接官⼀⼈ひとりが異なった採⽤基準で選考しているケースもあり、さまざまな問題が浮き彫りになっています。

ビズリーチが⾏った採⽤⼒アンケートによると「⾃社のカルチャーにフィットするか判断ができない」「保有する経験やスキルの見極めができない」「誰がどんなポイントで⾯接をするかという戦略性がない」など、面接実施にあたって何らかの課題があると答えた企業が9割以上にのぼりました。

そこで、本資料では、⾯接で⼈材を⾒極める2つのポイントや「⾯接前」、「⾯接(本番)」それぞれの準備や実践⽅法について、詳しく解説します。

ブックマークしました