知識ゼロから学ぶ 社内規程の作成・運用のポイント

LegalForce

概要

社内規程は会社が独自に定める社内ルールです。社内規程には就業規則やハラスメント防止規程などの種類があり、会社の規模や業務内容、現在の状況などに応じて作成する規程を決めていく必要があります。

社内規程により、禁止事項を制定することで会社の秩序が維持され、業務手続きを明文化すれば業務効率化にも役立ちます。また、法律や時代の変化にあわせて、内容を適宜点検し変更するのが望ましいです。

本資料では、これから作成や整備を検討している人のために、社内規程の作成方法・運用上の注意点を解説します。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

※上記の内容はBizHint会員情報にも反映されます
ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。

受け取るニュースレターを選択してください

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalOn Technologiesに情報が提供されること、

概要

社内規程は会社が独自に定める社内ルールです。社内規程には就業規則やハラスメント防止規程などの種類があり、会社の規模や業務内容、現在の状況などに応じて作成する規程を決めていく必要があります。

社内規程により、禁止事項を制定することで会社の秩序が維持され、業務手続きを明文化すれば業務効率化にも役立ちます。また、法律や時代の変化にあわせて、内容を適宜点検し変更するのが望ましいです。

本資料では、これから作成や整備を検討している人のために、社内規程の作成方法・運用上の注意点を解説します。

ブックマークしました