【2022年5月公布】民事訴訟法改正のポイント

LegalForce

概要

2022年5月18日に国会で可決・成立した改正民事訴訟法には、民事訴訟のIT化に関する大幅な改正が盛り込まれました。

IT化により、訴状の提出、起訴記録の閲覧や複写、口頭弁論を含む各種手続などがオンライン化され、民事訴訟の大幅な利便性向上が期待されます。

本資料では、民事訴訟法改正による裁判のIT化について、改正の背景・改正のポイントなどを 分かりやすく解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalOn Technologiesに情報が提供されること、

概要

2022年5月18日に国会で可決・成立した改正民事訴訟法には、民事訴訟のIT化に関する大幅な改正が盛り込まれました。

IT化により、訴状の提出、起訴記録の閲覧や複写、口頭弁論を含む各種手続などがオンライン化され、民事訴訟の大幅な利便性向上が期待されます。

本資料では、民事訴訟法改正による裁判のIT化について、改正の背景・改正のポイントなどを 分かりやすく解説します。

ブックマークしました