概要

契約書には、法人税法などで保管期間が定められています。 税務署などの行政機関による調査が行われることもあるため、法律で定められた期間は確実に契約書を保管しておきましょう。

特に電子契約を締結した場合(契約書をデータで作成し保存する場合)、電子帳簿保存法に定められた方法に従ってファイルを保管しなければなりません。

今回は契約書の保管について、法人税法その他の法律における保管期間のルール 、契約書の保管方法の種類・注意点などを解説します。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalOn Technologiesに情報が提供されること、

概要

契約書には、法人税法などで保管期間が定められています。 税務署などの行政機関による調査が行われることもあるため、法律で定められた期間は確実に契約書を保管しておきましょう。

特に電子契約を締結した場合(契約書をデータで作成し保存する場合)、電子帳簿保存法に定められた方法に従ってファイルを保管しなければなりません。

今回は契約書の保管について、法人税法その他の法律における保管期間のルール 、契約書の保管方法の種類・注意点などを解説します。

ブックマークしました