概要

面接は、採用においてほとんどの会社が取り入れる選考手法です。候補者と会話をするという選考のスタイルからか、「面接官は候補者とただ話せばいいだけだ」として、簡単だと思われがちな側面があります。

しかし、面接は簡単ではありません。日常会話や雑談とは異なり、特殊なスキルを必要とする選考手法なのです。採用基準を満たしているか、必要なスキルを持っているか――こうしたポイントを見極めると同時に、面接を通して候補者に「この企業で働きたい」と思ってもらわなければならないためです。

この資料では、面接官として面接を行う際に、どのような心構えで臨めばいいかを解説します。面接の目的や面接官の役割、聞いてはいけない質問なども把握できます。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社ビズリーチに情報が提供されること、

概要

面接は、採用においてほとんどの会社が取り入れる選考手法です。候補者と会話をするという選考のスタイルからか、「面接官は候補者とただ話せばいいだけだ」として、簡単だと思われがちな側面があります。

しかし、面接は簡単ではありません。日常会話や雑談とは異なり、特殊なスキルを必要とする選考手法なのです。採用基準を満たしているか、必要なスキルを持っているか――こうしたポイントを見極めると同時に、面接を通して候補者に「この企業で働きたい」と思ってもらわなければならないためです。

この資料では、面接官として面接を行う際に、どのような心構えで臨めばいいかを解説します。面接の目的や面接官の役割、聞いてはいけない質問なども把握できます。

ブックマークしました