概要

エンジニア採用における人事の役割は、専門スキルを見極めることではありません。人事が行うべきなのは、「アトラクト中心」の面接です。

エンジニア採用面接においては、アトラクト(自社の魅力を伝え、自社で働くことに魅力を感じてもらうこと)に注力しながら、初期の接点から積み重ね、入社意欲を高めるのが人事の役割といえます。

この資料では、大切な人材を確実に採用する、内定辞退を出さないために、エンジニア採用の確度を上げるための面接のポイントをお伝えします。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社ビズリーチに情報が提供されること、

概要

エンジニア採用における人事の役割は、専門スキルを見極めることではありません。人事が行うべきなのは、「アトラクト中心」の面接です。

エンジニア採用面接においては、アトラクト(自社の魅力を伝え、自社で働くことに魅力を感じてもらうこと)に注力しながら、初期の接点から積み重ね、入社意欲を高めるのが人事の役割といえます。

この資料では、大切な人材を確実に採用する、内定辞退を出さないために、エンジニア採用の確度を上げるための面接のポイントをお伝えします。

ブックマークしました