概要

採用面接で確認すべきことは数多くありますが、なかでも候補者の「スキル」を確認することは必須です。人物評価の際に基準となるスキルには、業種や職種特有のテクニカルスキルと、業種や職種が変わっても通用するポータブルスキル、そして行動や思考の土台となるスタンス(スキル)の3つがあります。

3つのスキルのうち、ポータブルスキルは最も重視したいスキルです。ポータブルスキルが、企業内で職種転換を行うことがあっても活かせる汎用性の高いスキルであることがその理由です。

本資料では、「営業」「財務・経理」「事業企画・経営企画」「マーケティング」の4職種に関して、それぞれの職種に必要なポータブルスキルを挙げ、それらを見極めるための質問例を紹介します。

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社ビズリーチに情報が提供されること、

概要

採用面接で確認すべきことは数多くありますが、なかでも候補者の「スキル」を確認することは必須です。人物評価の際に基準となるスキルには、業種や職種特有のテクニカルスキルと、業種や職種が変わっても通用するポータブルスキル、そして行動や思考の土台となるスタンス(スキル)の3つがあります。

3つのスキルのうち、ポータブルスキルは最も重視したいスキルです。ポータブルスキルが、企業内で職種転換を行うことがあっても活かせる汎用性の高いスキルであることがその理由です。

本資料では、「営業」「財務・経理」「事業企画・経営企画」「マーケティング」の4職種に関して、それぞれの職種に必要なポータブルスキルを挙げ、それらを見極めるための質問例を紹介します。

ブックマークしました